「開かれた市政をつくる市民の会(鳥取市)」編集者ブログ

当ブログの内容は編集者個人の見解であり、「市民の会」の公式見解ではありません。当ブログへのリンク、記事内容の引用等はご自由に!

#哲学・思想

「見えた 何が 永遠が -立花隆 最後の旅 完全版-」を見た

明けましておめでとうございます。 新年なので、おめでたい話題を書きたいところですが、どう考えても、このままでは日本という国の衰退は止まりそうにない。箱根駅伝じゃないが、我が鳥取市なんぞは、その衰退レースの先頭グループを走っていると言ってよか…

ベトナムを訪問しての感想

(1)ベトナム社会における女性の地位 ベトナムのハノイに三日間いて感じたのは、「この社会には、暗黙の了解のようなものが確かにある」ということだった。そう感じたのは、今回の連載シリーズの第一回目で既に述べたように、歩行者が車やバイクが切れ目な…

追悼、梅原猛さま

松の内もとっくにあけてしまいましたが、遅ればせながら本年もよろしくお願いいたします。さて、筆者がその著書を愛読していた梅原猛氏が、四日前に亡くなられました。先回の記事に引き続いて故人に関する投稿となってしまいました。 梅原氏の思想内容を初め…

米子が生んだ心の経済学者 宇沢弘文が遺したもの

上のタイトルは、米子出身の経済学者である故宇沢弘文氏の足跡を紹介する番組名。 一昨日の12/26夜、NHKBS1で同番組を見ました。二年前にケーブルテレビ局である中海テレビで製作された番組とのこと。次のサイトから無料で見ることができるようです。 https:…

ナチスの優生学

二週間ほど前のことだが、1/26(木)の21hからのHNKBSでナチスの優生学に関する番組を見た。「フランケンシュタインの誘惑」と言う名の、オドロオドロしい題名である。NHKオンデマンドにはまだ載っていないが、そのうちにBSで再放送されるのかもしれない。 こ…